ブックマークに追加する

FX手数料について

FX(外国為替保証金取引)において売買をする場合、取引に応じた手数料がかかります。現在この手数料については、各FX会社では値下げ競争が繰り広げられています。元々FX取引の手数料は、銀行での外貨預金と比べ格段に安いのですが、最近では手数料無料という会社もありさらに安さに拍車がかかっています。手数料が低く抑えられている事によって、個人投資家であっても同日に数回の売買をする人にとってはかなり違ってきます。
銀行の外貨預金もFXも基本的には手数料がかかりますが、それぞれの手数料の金額を比べるととても大きな差があります。外貨預金の場合、銀行が顧客に外貨を売る額(TTS)と逆に銀行が顧客から外貨を買う額(TTB)は為替相場と同一になっておらず、この差額が手数料となるのです。取扱う状況や外貨の種類にもよりますが、数銭?数円の手数料が上乗せされています。

一方FXの場合は、取扱いの状況や外貨の種類によって変わるという事は同じですが、それでもTTSとTTBの差が20銭程です。銀行の外貨預金と単純に比較してみると、FXの手数料は10分の1位になっています。
実際の取扱い機関のTTSとTTBを確認してみると、どれだけFXの手数料が安いかという事が理解できると思います。

トップ > 日記 > FX手数料について

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。